• ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

文面からマナーまであなたの喪中はがき作りを全面サポート

喪中というのは近親者の死を思い喪に服する期間の事です。 これは神道から出ていて、死が汚れたものという時代の風習ですね。自分の身に降りかかってきた汚れを他人に与えないという思いから他人と接するのをできるだけ避けるという意味です。その風習が現在も残っているのです。 Read More

社会人として安心の喪中はがきのマナー

喪中はがきは、正式には年賀欠礼状といわれるもので死亡通知とは異なります。喪は近親のものが亡くなった時に、故人の死を思い一定の期間他人との接触を避けるようにすることです。ここには古代の死というものが汚れたものであるという考え方が出ていますね。死の汚れを他人に及ぼさないために接触を避けるのです。

喪に服するのは一般的に、故人から考えて二等親までです。つまり一等親の、両親、配偶者、そして子供と二等親の兄弟姉妹、祖父母、孫までです。こうしたことは冠婚葬祭と同じように地方や個人によってずいぶんと違います。

最近ではプライベートとビジネスをはっきりと分けている人もいます。プライベートでは喪中であることを知らせ、ビジネスでは通常通りに活動するということですね。喪中の期間も、地方により随分と違います。一般的には、一年となっています。四十九日の法要までは、忌中ということで、厳格にしきたりを守る人が多いですね。

喪中はおめでたいことには参列せずに、こもるようにしますから、お正月も祝いません。そして年賀状も出しません。特に四十九日までの法要にあたる忌中では、結婚式などのおめでたが決まっている場合でも、式を延期する人が多いですね。

喪中の人は年賀状も出しませんから、通常年賀状を送っている人々には、今年は喪に服していますから、お年賀は致しませんとお詫びのご挨拶をします。それが喪中はがきです。訃報のはがきとは違いますから注意しましょう。

喪中はがきはいつ出すのか?

喪に服している場合に新年を迎える時に、喪中はがきをいつ出すかということが気になりますね。これは相手方が年賀状の準備をしてしまわないようにその前に出したほうが親切です。 そうなると、12月初旬が適当な頃といえます。早めの11月の末に出してもおかしくはありません。 Read More

喪中はがきを出す相手の範囲は?

喪中はがきというのは正式な名称「年賀欠礼状」が示しているように、年賀状を出しません、失礼しますというあいさつです。したがって通常年賀状を出している人に対して、喪中はがきを出します。 身内のように、自分が喪に服していることを当然知っている人には出さないことも多いですね。 Read More