文面からマナーまであなたの喪中はがき作りを全面サポート

喪中に年賀を受け取ってしまったら?

喪中はがきを出すのが遅れたり何らかの理由で喪中にもかかわらず年賀を受け取ってしまうことは時々ありますね。喪中でも年賀状を受け取ってしまっても心配することはありません。そんな時には、年が明けてから、「寒中見舞い」という形で、年末には不幸があったため、新年のあいさつを失礼させていただきましたと報告します。

場合によっては、故人あてに送られてくる年賀などもあります。そんな時にも、寒中見舞いを年が明けてから出して、故人が亡くなったことを報告します。

複雑な例では、喪中はがきを出す準備をしているときに、相手から喪中はがきが届くということもありますね。喪中はがきは年賀とは違いますから、相手の状況には関係なく出しても構いません。

喪中はがきの歴史

古い歴史を持つ冠婚葬祭とは違い喪中はがきの習慣はそんなに古くはありません。喪そのものは古代の律令制度のころからありました。

喪中はがきは当然郵便で年賀を祝う年賀状の誕生以後ですよね。したがって明治になってからのことです。年賀欠礼状の始まりは、英照皇太后の大喪の時に始まったといわれています。最初は皇室の大喪に対して、官吏が使ったものでした。

それが一般の人の間に広まっていったのは、昭和の初期と言われています。戦後になってお年玉年賀はがきが出されて爆発的なヒットをしました。それが昭和30年代で、その時以来一般家庭でも喪中はがきを出すようになりました。従って喪中はがきの習慣はずいぶんと新しいことですから、はっきりとした規範としては確立していませんね。